YVEC代表:冨永 欣也(とみなが きんや)

 1970年代より8ミリ(小型映画)に興味をもち自主映画(インディーズ・ムービ ー)にはまる。
学生時代にちょっとしたコンクールで賞を取りいい気になって映画の専門学校に行きカルチャーショックをうけ“アタフタ”する。
その時、同級生で恩人の今関あきよし氏に「撮影できればいつでも自分で作れるよ」と言う言葉に励まされインディーズ・ムービーにはまっていく。(その結果、山口のメディアで撮影を職となす)勢いに乗って山口でインディーズ・ムービーの上映会はするは、学生時代の手塚眞監督の「MOMENT」に参加するは、今関監督の「SHOCKING PINK ’80」に参加するは、と嬉しい青春時代を過ごす。(宝物としてその時の脚本を持っているらしい)本人のインディーズ・ムービー感は、金子みすずの詩じゃないけど「みんなちがって みんないい」と思っている。が・・・基本は大事だと思っている。

YVECの代表として作品の創造もだが、団体としての創造を考えていて、山口の映像制作のインフラや制作したい人とのコミュニケーション、生涯学習としての映像など“山口の文化力”の向上を考えている。

また、中学校の美術の授業でビデオ制作を教えてから、メディア・リテラシーについて興味を持ち始めている。

[戻る]